キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 配管継手比較ガイド

同じ材料の配管継手を使う

配管継手比較ガイド

配管の継手部分は腐食しやすいと考えるのが原則

QRcode

同じ材料の配管継手を使う

配管継手、配管の種類によって配管継手も同じ材料の継手を使う必要があります。

配管継手の数は少なければ少ないほど、作業が楽になり、またメンテナンスも楽です。

しかし、温水や蒸気管や冷水など配管の収縮、伸縮などを吸収するために意図して配管に複数の継手を組み込む場合もあります。

熱応力を吸収する場合、専用の伸縮曲り管や伸縮継手を用います。

配管の継手部分は腐食しやすいと考えるのが原則です。

鉄錆のことは聞いたり見たりすることがあると思います。

鉄錆は、鉄材・水・酸素があるところに発生します、まさに配管内部は錆を生む環境が揃っているわけです。

もちろん耐食性のある材料をコーティングを行いますが、継手部分を完全にコーティングするのは難しく、鉄錆を生む環境をつくり出してしまいます。

錆びる原因があっても、錆は配管内部から始まる場合が多いので、使用して何年も錆のことに気が付かない場合がほとんどです。

最近では、赤錆の原因になる錆を、積極的に黒カビにしてしまい、配管内のメンテナンスを行う方法もあります。

鋼管を使用している場合には必ず錆が発生するということを理解しておく必要があります。

配管経路内では継手やバルブなど、継手の部分に多く発生します。

配管継手について詳しくみる▼http://www.haikanbuhin.com/top/item/asp/cate.asp?s_cate4=21006&sort=Recommend&list_count_type=Light

市原市管工事協同組合
水道/札幌市